葛 藤 (弐)
 
   
 
「いろいろ世話をかけてすまんな……
 夜もふけて、二人きりになったのを潮
(しお)に、玄武は静かに切り出した。

「いつも謝ってばかり
……
 と、桔梗は苦笑混じりにつぶやく。

……そうか?」
「ええ
……
 答えながら酒を勧める桔梗に、玄武も盃を差し出した。

「しかし、今日はいささか驚かされた
……。竜のやつ、しばらく見ぬ間に、何やら顔つきまで、しっかりとしてきたような……
 玄武の大仰な口振りに、桔梗は嫣然
(えんぜん)として、
「それはもう
……、毎日、散々しごかれていたようですから……
 と言って、盃に酒を注ぎ入れる。玄武はそれを一気に飲み干すと、一転して、急に真顔になった。

「こっちへ戻った時は
……、どんな様子だったのだ?」
 その意を察してか、桔梗の顔からも笑みが消える。

「何もなかったような顔をしてましたよ。自分の弱さを、人に見せるような子じゃないから
……。本当のところは、随分苦しんでいたんでしょうけど……
「そうか
……
 玄武は、ふうっと吐息をもらした。

「来る日も来る日も、朝から晩まで、それこそ息つく間もなく、働きどおしで
……。そうでもしていないと、とても自分の気持ちを抑えきれなかったのでしょう……
 そう言って、桔梗はまた、玄武の盃を満たした。
 
「そもそも、忘れろと言う方が無理な話だわ。あの子が、そんな中途半端な恋心を抱いていたとは思えないもの。想いが深ければ深いほど
……、それを忘れるにも、それなりの時間が必要だわ……
……
「お頭にも、身に覚えがおありのはず
……
 玄武も桔梗も、ふと、かち合った瞳を互いに見交わした。
 
「そういうおまえこそ
……
 逆に水を向けられて、桔梗は少し困ったように目を伏せた。

「忘れようとすれば、その度に、思いが甦
(よみがえ)って来て……。それで、忘れられるはずはないですもの……
……
「思い出そうとすることも、忘れようとすることも、結局は同じことだわ
……
「桔梗
……
「忘れるということすら、意識しなくなった時
……。その時こそ、本当に忘れられたと言えるのでしょう……

 桔梗の述懐を聞きながら、玄武は二度三度とうなずくと、かすかにうるむ瞳を見つめて小さくつぶやいた。
「そろそろ
……、一度京に戻るか?」
……
 桔梗は危
(あや)うく瓶子(へいじ)を取り落としそうになった。

「このまま、ここで一生を終えさせるのは不憫
(ふびん)だと……、ずっと思っていた……
……
「もう十年以上経った
……。今の京には、もはや、あの戦の面影などどこにもない。この際、一度、その目で見て……。そうでないと、いつまでも、心の区切りがつかぬのではないのか?」
 玄武は穏やかな口調で、なおも続ける。
「ゆかりの人達の供養もしてやりたいだろう
……

 桔梗はしばらく瓶子を抱えたまま、じっとうつむいていた。が、やがて、ゆっくりと顔を上げると、
「忘れずにいることが、供養だと
……、そう思っていますから……
 そう答えて、玄武を見つめ返した。

「ここが好きなんです
……
……
「そりゃ、初めて連れて来られた時には、海しかない
……、本当に何もない淋しい所だと思いましたけど……。今は、どこよりも落ち着くんです……。ここでなら、どんなつらい思い出にも、心を乱さずにいられるわ。目の前に広がる大きな海が、この胸の悲しみの半分は受け止めてくれるから……

 その目に悲愴
(ひそう)の色はなかった。今なお心を縛る、遠い過去の記憶から、決して目を背けることなく、真摯(しんし)に受け止めようとする―― そんな桔梗の潔(いさぎよ)さには、玄武も頭が下がる思いだった。

「本当に、ここに来てよかったと思っているんです。だから、京に戻れだなんて
……、どうか、おっしゃらないで下さい……
「そうか
……
 桔梗にそこまで言われては、玄武も、これ以上、口にできることなど、何もなかった。

「第一、私がここを離れたりしたら、それこそ、大変なことになりますよ。この宿をどうやって、切り盛りするおつもりですか?」
「そうだったな
……
 しんみりとしていた二人に、束の間、笑いが戻る。

「私のことは、どうかもう、お気になさらずに
……。本当に、もう大丈夫ですから……
「ああ
……
「それより、今は竜のことを
……
 話が再び竜のことに戻るや、玄武はまたも、沈痛な面持ちになった。

「しかし、俺にはどうしてやることもできぬ
……
……
「真は、もっと何か
……、気の利いた言葉の一つも、かけてやりたかったのだ……。だが、いざ、あいつを目の前にすると……、結局、何も言えなかった……

 玄武は自らの不甲斐なさに、苛立ちすら覚えていた。
 もっと他に、手立てはなかったか
……。何も言えぬのは、心のどこかに、己が保身のために理不尽を強(し)いた―― その呵責(かしゃく)の念があるからではないのか……

「俺も意気地がない
……。全く、情けない限りだ……
 口をついて出てくるのは、もはや自嘲の言葉ばかりである。今さら己の無力さに毒づいたところで、どうなるものでもないものを
……

「それは、竜も同じだわ
……。心に思うことがあっても、打ち明ける勇気も持てずに……
 急に一人ごちた桔梗に、玄武もそれを聞き逃さなかった。

「どういうことだ? 竜が
……何と?」
 問い返す玄武にも、桔梗は力なく首を振る。

「それは
……。竜から直にお聞きになって下さい。あの子自身が、結論を出すべきことですから……
 言葉を濁して多くを語ろうとしない桔梗に、玄武はその真意を解しかね、首をかしげるばかりであった。
 
 
  ( 2004 / 09 / 17 )
   
   
 
   
 
  戻る  
 
   
   
   
  Copyright (C) since 2004 Temari all rights reserved
   
   
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー