波涛を越ゆ (壱)
 
   
 
 承安2(1172)年4月、竜の旅立ちの時は、すぐそこまでやって来ていた。
 宋行きが決まって以来、また、元のように楊孫徳の店へと通い始めた竜は、出航を目前にしたここ2−3日は、張梁の指揮の許、多くの人足達に紛れ、唐船に積荷を運び入れる作業に携わっていた。
 
「おい、竜」
 蒸し暑いばかりの船倉から這
(は)い出て、しばし涼をとっていた竜を、ふいに張梁が呼び止めた。
 
「ここはもういいから、店の方へ戻ってろ」
……
「天趙のヤツから、おまえを寄越すよう使いが来た」
……天趙が?」
 竜は、いぶかしげに張梁を見返す。
 
「どうせ、また、何か厄介な用事でも言いつけるつもりじゃないのか?」
……
「しかし、おまえも苦労するよな。えらいのに気に入られちまって
……
 そう言って、茶化す張梁を、竜は目の端で軽くにらみつけたが、
「ほら、さっさと行った方がいいぞ。待たせると、こっちにまで、とばっちりが来るからな」
 と、最後は追い立てられるように、陸へ戻る小舟に押し込まれていた。
 
 春先に玄武が下向して以来、天趙から直に仕事を言いつけられることはなくなっていた。これは、渡宋にあたり、他の人足達との関係を深めておく必要性から、暗に楊が図ってのことであった。竜もその意は理解し、以前の失敗を踏まえて、できる限り、彼らに合わせるよう努めたし、その甲斐あってか、今では他愛もない世間話の輪にも、自然と加わることも多くなっていた。
 
 が、その反面、荷運びなどの単調な作業に終始する毎日には、正直な所、少し物足りなさを感じ始めていたのも事実だった。
 何かに追い捲
(まく)られるような目まぐるしさの中で、なぜか、心は期待感に満ち溢れていたあの日々―― それを、懐かしく思わない日はなかった。
 と、そこへ、この急な呼び出しである。舟に揺られながら、何事かと不安に思う一方で、ある種の期待に、心逸る部分も少なからずあったが、いざ店の方に赴いてみると、そんな竜の思惑とは、いささか異なる展開が待ち受けていた。
 
 裏口で、荷出しの算段をつけていた天趙は、竜の姿を見つけるや、軽く手招きした。
「何か御用がおありとか?」と尋ねる竜にも、
「主殿
(あるじどの)がお待ちじゃ」
 と答えて、天趙は目配せするだけで、ひどく素っ気無い。自分を呼び寄せたのが楊孫徳だと知ると、竜はまた別の予感を胸に、今度は少し憂鬱
(ゆううつ)な心地を抱いて、店の奥へと入って行った。
 
「やっと参ったか
……
 楊孫徳は待ちかねた様子で、竜を快く部屋へ迎え入れた。
「何か御用と伺いましたが
……
 竜が言い終わる前に、楊は、一抱えはありそうな銅銭の束を広げていた。
 
「これを渡しておかねばと思うてな
……。この半年余り、よく働いてくれた」
 竜は『やはり
……』との思いを隠せなかった。
 
「以前にも申したことだが、おまえにはこれを受け取る義務がある」
「されど
……、これは多すぎまする」
 と、竜は咄嗟
(とっさ)に言い返したが、楊はまるで取り合おうとはしない。
 
「何を言うか。これでもまだ少ないぐらいぞ。何せ、私は玄武の頭に、あの白磁の香炉と引き換えにしても、おまえを欲しいと願い出たほどなのだからな」
……
「まあ、その話は、あっさりと突っぱねられたが
……
 唖然としている竜に、楊は言いながら、苦笑いを浮かべていた。
 
「ともかく、何が何でも、これは受け取ってもらうぞ。さもなくば、張梁の手当ても半分に減らさねばならぬ。そのようなことになれば、あれにどれほど恨まれるか
……
 と、意地悪くささやく楊に、竜は一しきり考え込んだ。そして、ややあって、
「仰せのとおり、これは有り難く頂戴いたします」
 そう答えて、深々と頭を下げると、楊はホッとしたように、目尻を下げた。
 
「して、これをいかようにする?」
 思えば、竜にとって、初めて自分の力で得た報酬である。それをいったいどのように使うか
……、楊の一番の興味も、実はそこにあった。
 
「ただし、ゆめゆめ、船に持ち込もうなどと考えるでないぞ。これ以上、重くするわけにはいかぬからな。向こうで必要な金子
(きんす)は、また、おいおい渡すゆえ、そのつもりでな」
 楊はあらかじめ釘をさした。が、竜もその辺りのことは心得ていたようで、一つため息をついてはみたものの、別段、慌てる素振りは見せない。
 
 しばらく沈黙が続いた後、
「これで一つ、買い求めたい品があるのですが
……
 と、切り出した竜に、楊はいっそう身を乗り出して、その申し出に耳を傾けた。
 
 
 
 その夜、桔梗はささやかな膳を用意して、竜の帰りを待っていた。
 心づくしの手料理を前にして、出航前の昂
(たか)ぶりがちな竜の心もしばし和む。
 さらには、餞別
(せんべつ)の品だと言って、真新しい上着まで手渡されて……。それは、もちろん、桔梗が一針一針、手ずから仕立てたものだった。
 
「羽織ってみて
……
 竜は、照れくさそうに、搗色
(かちいろ)の衣に袖を通した。
「よく似合ってるわ
……
 桔梗は小さくつぶやくと、その姿を、目に焼きつけるように、じっと眺めていた。
 
「ありがとう
……
 心からの礼の言葉を聞きながら、桔梗は、初めて竜がここに足を踏み入れた日のことを思い出していた。
 
 野良犬でも拾うように、何の気も無く、玄武が連れてきた正体不明の異国の若者
――
 しかし、その心根の優しさは、周りの者の心を和ませ、いつしか、仲間内でも、なくてはならない存在にまでなっていた。それだけに、今、こうして新たな一歩を踏み出そうとしていることにも、晴れの門出を祝う思いよりも、淋しさばかりが先に立った。
 
「桔梗には、世話をかけてばかりだったな
……。初めてここに連れて来られた日から……
……
「ボロボロの身なりの俺にも、嫌な顔一つせず、接してくれた
……。あの時は、どんなに嬉しかったか……
「竜
……
「それなのに、まだ、何の恩返しもしていない
……
 ぽつりぽつりとつぶやく竜に、ふいに、桔梗は胸にこみ上げて来る思いをこらえ切れなくなった。
 
「何を言ってるの! 無事にここに戻って来ることが
……、それが、何よりの恩返しだわ!」
 桔梗は、思わず真顔になって、竜に訴えかけていた。
「あんたの家はここなのよ。何があっても帰って来るのよ! 私は
……、いつだって、待っているわ……
 最後の方は声にならなかった。肩を震わせ、むせび泣く桔梗に、竜も切ない思いでその肩を抱いた。
 
「他に帰る場所があると思うのか?」
 いつもの人懐っこい瞳が、桔梗の顔をのぞき込む。
……そうね」
 どこか悪戯
(いたずら)っぽく見つめる竜に、桔梗も、いつしか泣き笑いになっていた。
 
「実は、桔梗に頼みがあるんだ
……
 竜はそう言って、急に桔梗から離れると、座の傍らに置いていた細長い包みを差し出した。
……何なの?」
「いいから、開けてみて
……
 促されるまま、桔梗が包みを開くと、鮮やかな瑠璃紺
(るりこん)に、胡蝶(こちょう)の縫い取りをあしらった錦の反物が露わになった。
 
「これは
……?」
 呆然としている桔梗をよそに、竜は慣れた手つきで、さっと反物を広げると、桔梗の肩の辺りに当てて見た。
 
「思ったとおりだ
……
……
「初めて見た時から、きっと、桔梗に似合うと思っていた
……
 竜は一人悦にいった面持ちで眺めている。
「こんな高価なものを
……、どうして?」
 桔梗は、むしろ、咎
(とが)めるように、竜に問い質(ただ)した。
 
「今日、楊孫徳殿から、これまでの手当だと、銭をいただいたんだ。でも、あまりにたくさんで、いったいどうしたものかと途方にくれていたら
……、その時、ふと、ひらめいたんだ。これを桔梗にって……
「何を言っているの! あんたが一生懸命働いて得たお金じゃない。自分のことに使わなくてどうするの」
 もっともらしく諭す桔梗にも、竜は静かに首を横に振り、
 
「別に欲しいものなんて何もない
……
「竜
……
「それより
……、俺のいない間に、これをきちんと着物に仕立てて、今度戻って来る時に、それを着て迎えてほしいんだ……
……
「俺の選んだ反物で作った晴れ着を桔梗に着てほしい
……。その姿を見たい……。そういう望みを持つのも、悪いことではないだろう?」
 それを聞いて、桔梗もついに感極まった。
 
「どうして、あんたはいつもそうなの? 人のことばかり考えて
……。自分のことはいつでも後回し……
……
「もっと、欲を持ちなさい。自分のために
……。そうでないと、これからは、とてもやっていけないわよ!」
 桔梗のいささかきつい口調に、竜は驚きつつも、神妙な顔つきになった。
 
「ごめん
……
「だから
……、どうしてそこで謝るの? あんたは何も悪くないでしょう? そうやって、むやみに頭を下げたり、謝ったりするものではないわ。あまりにも従順すぎる態度は、時に、人を苛立たせることもあるのよ」
 そこまで捲くし立てて、桔梗もはたと我に返った。竜はうつむいたままじっと聞き入っていた。
 
「いやだわ、私ったら
……、何を言っているのかしら。せっかくの門出だというのに、お説教じみたことを……
 さすがに桔梗も、旅立ちを控えた者を前にして、口にすべきことではなかったと、ひどく悔やんだ。
 
「そんなことはないさ。ありがとう、桔梗
……
「だから
……
「嬉しいんだ。そんなにも俺のことを案じてくれる
……、その桔梗の心遣いが……
 向けられた眼差しの温かさに、桔梗はむしろ、自らの内に潜む頑な部分が、緩やかに解けて行くような、そんな奇妙な感覚に襲われていた。
 
(もう何も言うまい……
 自分の不安を、これ以上、竜に押し付けてはならない……
 そう悟った桔梗は、努めて心を落ち着けると、改めて竜と向き合った。
 
「竜
……。あんたの言いたいことは、よくわかったから……
「桔梗
……
「これは確かに預かったわ」
 と言って、桔梗は、反物を大事そうに抱え込んだ。
 
「でも、きっと約束は守りなさいよ。もし違
(たが)えたりしたら……、その時は、承知しないから!」
 桔梗は、再び涙声になっていた。
 
「もちろんさ。必ず帰って来る。約束するよ」
 と、力強く答える竜に、
「ええ、ええ
……
 桔梗は何度もうなずきながら、やはり、こぼれる涙をこらえることができなかった。
 
「どんなことがあろうと
……、ここに戻って来る。桔梗の許に……、必ず!」
 胸に縋
(すが)りつく小さな肩を抱きながら、竜自身もまた、そう心に固く誓っていた。
 
 
  ( 2004 / 10 / 07 )
   
   
 
   
 
  戻る  
 
   
   
   
  Copyright (C) since 2004 Temari all rights reserved
   
   
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー